4にんでぶろぐ


by jinjinjr

気になるあいつ

突然ですがみなさん、"ペン"に対するこだわりってありますか?

今回は有名なデザイナーによるペンのデザインについて紹介します。


まずご紹介するのが、ボールペン「noto」
b0170527_959529.jpg

ドイツの文具メーカーLAMYから出ています。
機能から派生する形をコンセプトに、深澤直人さんがデザインしました。
ボディ軸が三角形になっていて、自然と正しい形で握れるようになっています。
クリップ部分もボディから切り抜いたような形でおもしろい!
それとノックの「カチカチ」という音がしません。
もー!言葉で説明するより実際に見た方が早い!
他にもペンを開ける構造とか、ノックのあるトップのデザインとか、とにかくこだわってます。
結構いろんなところで見かけるので、ぜひ手にとって眺め回し、書き味を試してみてください!


次はこちらのボールペン。
b0170527_10141810.jpg

工繊にも講演に来た、ルイジ・コラーニによるデザインです。
この流れるようなボディ。たまりません!
彼のデザインの特徴である流線型がこのボールペンにも見られますね。
一度使ってみたい!



実は彼、シャーペンもデザインしています。
b0170527_10174294.jpg

ドイツの文具メーカーPelikanから出ている、「ペリカン no.1」というもの。
ボディは丸い形をしていますが、グリップ部分は二等辺三角形の形をしていて、
とても持ちやすくなっています。
この画像では見れませんが、ノック部分がペンのトップではなくサイドに設けられていて、
全体の流線型を損なわない配慮がなされています。
クリップが横から見るとペリカンの顔を思わせる形をしていたり、遊び心もたくさん!
はー、たまらん!



次はこのボールペン。
デザイナーというよりある意外な企業がデザインしたものなのですが…
b0170527_10245915.jpg

なんと!ご存知イタリアのキッチン用品ブランドALESSIによるボールペンです。
言われるとなんとなく何かの形に見えてきませんか?
そう、エスプレッソメーカーの形をしてるんです!
なんか良いよね!
2006年から三菱鉛筆とコラボしてペンを発表しています。
他にもあるので、店頭で注意して見てみてね!



最後に紹介するのが、アメリカのプロダクトデザイン会社「ACME」によるペン。
b0170527_10452388.jpg

ハワイのマウイ島を拠点に、世界的に有名なデザイナーや建築家とコラボしてステーショナリーなどを創りだしています。
b0170527_10392035.jpg

フランク・ロイド・ライトデザイン
b0170527_10401514.jpg

チャールズ&レイ イームズデザイン



毎日使うペン。
自分だけのこだわりを探すのもいいものです。
[PR]
by jinjinjr | 2009-05-25 10:49 | tammy