4にんでぶろぐ


by jinjinjr

カテゴリ:lady( 6 )

コタツデビュー

お久しぶりです皆様。
すっかり秋。夜は結構寒くなりましたな。しかし昼はやたら暑い。
昼過ぎまで寝てると暑すぎて、南国の夢ばかり見ます。

今年はついに、こたつを買いました。私の実家には掘りごたつがあったものの、こたつ布団使ってなかったので、典型的なコタツというものに長らく憧れててね。

で、いろいろ探してて、なんだかいい感じの家具メーカーを発見しました。
しかも偶然ですが、本社が私の地元、香川・高松だったのですよ。
b0170527_0283472.jpg

木!って感じがして素直に安心するというかね。
b0170527_029832.jpg

この影のつけかた弱冠おかしいよなあ。浮いてまっせ。
b0170527_0315973.jpg

これ遊び過ぎだよね笑。いらないけどなんかださくて可愛い。

机以外もいろいろあるようですよ。
私がどれを買ったかは、遊びにきてのお楽しみ。鍋でもしましょ。
学校行けなくなるかもしれないな・・・

高松辰雄商店
b0170527_03763.jpg

[PR]
by jinjinjr | 2009-10-23 00:39 | lady

夏だしね。

最近夕方涼しくて寂しいね。お久しぶりですオオバヤシです。

本日は甲子園に言ってまいりました。特に高校野球好きでもないメンツで球児を肴に昼からビール飲んだろっていう不埒な思惑で、期せずして決勝戦。
うっかり胸の熱くなるような名勝負でした。

さて本題。最近私が気になるのは「vocaloid」名前はよく聞くものの結局なんなのかよくわかってなくて、人工音声とか違和感あるしキャラクターはロリ系のイメージで敬遠していたのだけれども。

b0170527_0324184.jpg

かの有名な初音ミクさん

いやはやなかなか面白い。ニコ動で名作を探し出すと止まりません。
PV風の映像付きのものが多いんだけど、プロですか?ってききたくなるのがたまにあるのよ。
特にちょっとホラー風の幻想的な曲調のやつは、ミクさんににロリやキャラクター性を求めてない感じで、アーティスティックなPVが多くてレベル高いです。
人工音声の不安定さが感じ出るし。

特に私が衝撃を受けた
「ペテン師が笑う頃に」

なんて世界観!!よく動く動画ですよ。何回ループしても飽きないね。曲もすごい。
かわいらしいけどちょっとこわいから苦手な人ご注意!



同じヒトが動画作ってるこちらも演出細かくてすごいよ。物語になってるのね。リンとレンっていう双子のvocaloidらしいよ。
「悪ノ娘」

あと曲がすごすぎるのがこちら。歌詞!センスがすごい。
「結ンデ開イテ羅刹ト骸」
これ曲作ったヒトがマウスで絵つけてるらしいよ。
花札の使い方のセンスすごいよね。文字の扱いも。
ニコニコだったら同じヒトがつくった曲のリンクあるから気になった方はどうぞ。制作エピソードもよくわかるしね。

怖いの苦手だから夜中にどきどきしながら見ています。夏だしね。

結論:だれでもプロになりうるすごい時代になったもんだ。いつか映像作ってみたいね。
[PR]
by jinjinjr | 2009-08-25 01:06 | lady

killah

b0170527_2072918.jpg

今回はファッションブランドのお話。やーん痛い!恥ずかしい!
だっていろんなジャンルのデザインがあったほうがいいじゃんって思ってさあ。
オシャレってなんだ?

b0170527_20133934.jpg
4年ほど前にイタリア行った時に知った「killah」ってブランドなのですが。
グラフィックのイカれた感じが良いのよ。まさにキッチュ。

ん?キッチュってどういう意味だっけかな。
[キッチュ(kitsch)とは、美学・芸術学において、一見、俗悪、異様なもの、毒々しいもの、下手物などの事物に認められる美的価値である。元はドイツ語だが、英語でも同じ綴りで浸透している。キッチュは、芸術作品や、複製技術の発達した近代・現代の、大量生産された工芸品などに見いだせることがある(いわゆる芸術作品に対してのみ使われる言葉ではないことに注意)。芸術の中では、サルバドール・ダリのいくつかの作品をキッチュと呼べる。またシンガポールのハウ・パー・ヴィラ(タイガー バーム ガーデン)や、日光東照宮が、典型的なキッチュの例として知られている。VOW やその類似の企画でもキッチュと呼べるものが紹介されていることがある。]WIKI調べ
あ、大体あってた。ようするにギリギリなのね。

服の形自体もディティールがすごいというか斬新。要するに奇抜。
奇抜なのにチープさはそんなにないんだよなあ。そういうとこイタリアのブランドっぽい。
この非日常感。コスプレ好き、変なもの集めたくなる習性をもつ私にはたまりません。

b0170527_20161166.jpg

ちょっとわかりにくいんだけど、今期はこの気味の悪い猫のパターンにやられました。
でも着こなす自信はなくて買えなかった!笑

b0170527_2042597.jpg
b0170527_20431997.jpg

モデルも超可愛いー

タイポ使いとか広告も良い感じだから男性陣もサイトを是非ごらんあれ。
killah official site
[PR]
by jinjinjr | 2009-05-24 20:48 | lady

ギリシャ便り

ちょこっとブレイクにギリシャの写真などを。っつってあんまり撮ってないんだけども。
b0170527_23584726.jpg

天気悪かったんだけど一瞬晴れてテンション上がった。
左に見えてるのがかの有名なパルテノン神殿ですよ。
b0170527_023416.jpg

b0170527_032240.jpg

美術館の所蔵品。古代ギリシャの何か。なかなか可愛らしい。
b0170527_041276.jpg

最も気に入った彫像。アフロディーテ(愛の女神、ビーナスね)にちょっかいかけて、サンダルで殴られそうなパン(牧畜の神さま)。解説にmake her erotic affair って書いててなんか面白かった。子どもが語源じゃないか。
b0170527_0193396.jpg
イドラ島っていうちっさい島。ギリシャにはほんとたくさんの島があります。
b0170527_020270.jpg
どこに行っても猫がやたら多くてテンションあがるよ。

いや~夏にぜひとも行きたい。もっと長い間ブラブラしたい!
ミコノス島っていう最近になってアーティストとかに人気の島があるんだけどそこにも行ってみたい。すごくおしゃれならしいよ。ヌーディストビーチとかゲイビーチがあるらしいよ。

今、再訪したい国1位ギリシャです。
[PR]
by jinjinjr | 2009-05-14 00:20 | lady
チャオチャオー

今週は美術館縛りにしよかと思ってたけども高橋るみこ展うっかり行ってないし、別のんにします。

グラフィックデザイナー(!)らしくパッケージデザインにでもしましょうか。
しかし悲しいことに語れるほど知識も造詣も深くないので、ほんま一言感想くらいで勘弁しておくれやす。

まあよく目にする、ビール・発泡酒のパッケージについてでも考えてみますよ。

一番私が飲むおビールはこれ。
b0170527_075541.jpg

実は別に一番好きというわけではないのだけれども、気分と食べあわせを選ばないキレのあ(以下略)

何か昔から良く見るし信頼感がありますね。調べてみるとやっぱり発売した1987年からほとんど変わっていないようですよ。完成当時の広告がこれだ。1、2、3
b0170527_0105474.jpg


以下HPより抜粋!

「パッケージの開発も型破りでした。
当時はびんのラベルデザインを基本に考えるのが一般的でしたが、缶の需要が伸びることを予想し、スーパードライは「缶」を基本に発想。缶の素材そのままのキラリと光るメタリックシルバーに黒の文字を配し、引き締まったデザインでスーパードライのキレ味とシャープな味を表現しました。

当時、“ビールらしくない”独創的なデザインは、社内でも物議を醸しました。何度も議論を重ねましたが、あえて“らしくない”デザインにこだわり続けました。日本のビールの流れを変えよう、というエネルギーが、プロジェクトチームの背中を押してくれたのです。」

今となってはビールらしくないってのがぴんとこないもんな。定着してるね。
確かに食品っぽくない雰囲気なのかもなあ。工業製品っぽいというか。あんまり味が想像できないね。
結構目に付くよね。他のビールと間違えようのない感じ。

一番好きなのは実はエビス。
b0170527_0165966.jpg

元祖プレミアムな感じだよね。マットなゴールド。まろやか!
黒ビールもホップも美味しい。色だけ変えられるとついつい気になっちゃうよね。
赤とか白とか「あるんだ!なにこれ!」って感じで。
みなさんご存知?東京の地名、恵比寿は、エビスビールの工場があったからその地名になったのよ。

1972年のラベルはこんな感じ。
b0170527_023264.jpg

今のやつは結構昔のラベルの雰囲気を残しつつ、現代的にアレンジしてるのね。老舗のイメージは強い。

チューハイとか発泡酒は中身のイメージとか果実のイメージをパッケージに使ってるものが
多いけど、大手のメーカーはブランド感って感じやね。

てかビール、発泡酒業界のブランディングってほんまに多様ですよね。いっつもハッとさせられるわ。
特にkirin!淡麗グリーンラベルがでてきたときも結構衝撃だったし、なによりZEROって!
さらにはストロング7。ヘルシー志向をおしてたかと思えば。
確かにヘルシーな発泡酒は味もアルコールも弱いもんな。戦略的だ。
これが最近よく耳にする付加価値なのですね。

宿題:さてみんな、次にどんな発泡酒がでてくるか予想してみましょう。

投げた笑
[PR]
by jinjinjr | 2009-04-30 00:38 | lady

LE MAL DU PAYS HOMESICKNESS 

b0170527_2233286.jpg

高校生時代に「ピレネーの城」を教科書で見て以来、ルネ・マグリットに惹かれてやみません。
通称「イメージの魔術師」。ベルギーの画家ですね。

b0170527_2235072.jpg
初めて模写した作品がこの「郷愁」なのだけれども。
想像、というか妄想の膨らむ絵だよねー。羽紳士こっち向いてー!

紳士とライオンに心奪われがちだけど、背景のうっすら見えてる町も奥行きがあって。
なんともいえない物語性にあふれていますね。色を再現するのにすごくこだわったなあ。
ライオンのたてがみとか羽の光沢とか、まさに模写魂をくすぐる!

シュールレアリスム画家の、ある意味独りよがりな攻撃性はなかなか好きです。とんがり君。

でも正直、高校生のとき程強くひきつけられないな。私も大人になったのね。しみじみ。

初投稿だし、これぐらいライトでよろしいか?笑

実はこんなんも好きだ。
b0170527_2223978.jpg


written by MAYUMI OBAYASHI
[PR]
by jinjinjr | 2009-04-23 22:04 | lady